×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

加齢による目の下たるみ

顔のいろいろな部分の中でも、眼の下のたるみは大変気になる部分で、そのせいで実年齢より上に見られてしまうこともあります。眼の下にたるみができる要因は、年齢とともに肌が衰えることが第一にあげられます。10代の若い頃は肌のたるみなどはほとんど気になりませんが、20代以降は目の下や顔にたるみが目立ってくるようです。顔の皮膚と筋肉の老化によって目の下にはたるみが出ます。

人間の皮膚は加齢により少しずつ薄くなり、弾力性が低下し皮膚の保持機能が緩む傾向があります。歳をとるとさらに眼の下の細胞はふくらんで浮腫のような状態になるため、肌全体もふくらんで垂れ下がったような状態なり、たるみとなります。眼を開けるという動作では、上眼瞼拳筋という筋肉が使われ、閉じるときは眼輪筋が使われます。

眼の周囲にある筋肉はとても薄くて小さく、弱くなりやすい筋肉で、歳をとるとこの筋肉が衰えるため皮下脂肪を支える力も低下して、これも原因で眼の下のたるみができてしまうのです。目の下のたるみ具合を自分で確認する方法があります。口を大きく開いて天井を見るようにて、そのとき目の下に手でつまめる部分があるか調べてみましょう。

手でつまめれば、目の下のたるみがあるということです。歳をとってくると肌もその弾力性を失い、それとともに毛穴が垂れ下がって楕円形になるため、もしこんな毛穴があれば、たるみができていることになります。

関連サイト


目の下たるみの原因

目の下にたるみを作ってしまう要因は、老化のほかにもあります。目の下のたるみの中身は実は脂肪で、目の周囲の筋肉の力が落ちてくると肌の弾力性も低下し、目の下の脂肪を支えられなくなって垂れ下がります。血行が悪くなったりリンパの循環がよくなかったりすると、余分な水分や脂肪が排出されなくて、脂肪細胞が皮下組織で増えていくため、目の下にたるみができるのです。

体質の違いで、目の下の脂肪が多い人と少ない人がいますが、もともと目の下に脂肪が多くある人は、たるみやくまなどもできるようです。脂肪が目の下に多くあると、皮膚の色素が濃く見えるため、目の下のくまになるのです。もともと目が大きい人や頬骨がはっている人などは、目の下にたるみができるようです。日常生活が原因で、筋肉の力を低下させていることもあります。

たとえばパソコンを1日中しているとか、パチンコを長時間していたりすると瞬きが減るので、目のまわりの筋肉が衰えます。油分が多く含まれた化粧品をずっと使っていると、目の下のたるみの原因になったりします。

油性成分や界面活性剤といった基礎化粧品に使われる成分は、肌の弾力繊維を壊したりするため、目の下にたるみを作ることになります。また紫外線の刺激で、皮膚の真皮層に存在するコラーゲン、エラスチンといった成分の弾力を失わせます。それで長時間紫外線の元にいたりすると、皮膚は弾力性を失い、目の下のたるみができやすくなるのです。


目の下たるみマッサージ

目の下のたるみを防ぐには、目元をよくするためにマッサージを行うという方法があります。マッサージは、目の下のたるみをなくすと同時に皮下脂肪をつきにくくするのです。刺激の強すぎるマッサージは逆効果ですが、血行を促進して新陳代謝を整えることは重要です。肌もターンオーバーが正しくなり、たるみの元である皮下脂肪もつかないようになります。

マッサージは指の腹で、こめかみから目の下へ軽く押すようにして行いましょう。目の下の次に今度は目の上を通ってこめかみまで戻し、そこを少し押すようにすると、血の流れもよくすることができます。また、目をぎゅっと瞑って5秒数え、ぎゅっと開いて5秒数えるだけの簡単なマッサージでも目の周りの筋肉の刺激になります。

表情筋という顔の筋肉を鍛えるために、顔を中心に寄せるようにして5つ数え、その後外側に力を入れて開くようにする方法があります。目元に力を入れたり、眉を上げてみたり、というような普段使わない筋肉に力を入れることも、目の下のたるみ解消に役立ちます。しかし皮膚が薄い人は、そのせいでちりめんじわを作る元になるので、事前に保湿をしっかりするといいでしょう。

また美容液や化粧水などをつけるとき、目の周りを軽くたたくようにすることも、血行を促進します。目の下はデリケートなどで強くこすらず、優しく扱うことがポイントです。


リンク集1
リンク集2
Copyright © 2008 目の下たるみ All rights reserved.
- ホームページSOS -